エースとシオン

茶トラのエース♂と白黒ハチワレのシオン♀と、たまに飼い主の日常猫ブログです。写真で猫の魅力を存分にお伝えします!






実家ですくすくと育つシオン。
しかし我が家では はっち が体調を崩し、FIP闘病をしているというタイミングでした。




_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1543295008307
  ↑我が家にやってきてすぐの頃。音にびっくり。


3匹目として早々にシオンを我が家に迎え入れるつもりでいたのですが、
はっち のことを思い、シオンはまだ実家に置いておきました。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1544968506879
  ↑パパのお膝。今はもう乗ってくれない・・・。



やがて はっち が天国に行き、落ち込んだ気持ちのままシオンの世話をしに行った時のこと。




この時点で実はまだ名前を決めていなくて、ちびこ と呼んでいました。
名前をそろそろ決めようと思い顔を見ていると、

たまたま白黒柄でたまたまハチワレが一緒だっただけなのですが、
これはなにか縁があるんじゃない?と思うようになりました。

馬鹿馬鹿しく思う方もおられると思いますが、こういった話は、私は好きです。


Screenshot_20181127-232734
  ↑見守りカメラで試し撮りしたらドアップになった


ある時、女の子だし花の名前から取るのもいいなと思い、検索してみると
「紫苑」という花にたどり着きました。

シオンの誕生月はおそらく8月なので、9月10月頃に咲く紫苑の花とは
少しズレが出てしまいましたが、 当時は9月頃に生まれた疑惑もあったし、

なにより紫苑の花言葉が

「君を忘れない」

だったのです。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1545146837180
  ↑水のみ場を発見にゃ!


私はフェリシモ猫部で連載されている
岩津さんに聞く!│猫ブログ│フェリシモ猫部 の大ファンで、

今回の はっち とシオンについての妄想が頭の中で繰り広げられました。
少しお付き合いください(笑)

はっちは6月生まれ。シオンは8月生まれ。
はっち は自分が死ぬことを知っていた。
家族になったのにすぐいなくなると、あのパパママ達はきっと悲しむから
僕に似た子を連れてくればさみしくなくなるに違いない。
だからシオン、きみはパパママの家族になりなさい。
でも全く同じ柄だとパパママ達は混乱するだろうから、
シオンの方にはちょっとだけ柄を付け足しとくね。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1545149016117
  ↑やっぱりエースはそばにいる



なぁぁぁぁんて、、、、。
私は岩津さんのようなアニマルコミュニケーターでもなんでもない
ただの一般人ですが、

こんな風にでも思っていてくれてシオンが家族になったとすれば・・・。
なんてなんて。
すみません、しょうもない妄想に付き合わせて('A`|||)

神のみぞ知ることではありますが、こう考えることで
自分の心の中がすっきりしていき、はっち ロスから少し抜け出せたのも事実です。


Screenshot_20181209-004021
  ↑体をよじ登る癖は今でも健在。痛い・・・(泣)



はっち のことを忘れずにこの子を育てていこう、と
むりやりこじつけて、シオンと命名しました。


私のかばんとひたすらじゃれあっている動画です↓






ランキング参加中です♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村








保護して次の日に病院へ連れて行きました。
健康診断と便検査をしてもらい、便の中にはもちろん虫がいました。
お外にいた子ですからね、、、当たり前です。でも虫はキライ・・・(泣)

しかしこの虫、お薬を与えてもなかなかいなくならず、ちょっとてこずりました。
お薬の種類を変え、何回も検査してやっといなくなったようでした。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1541045771386
  ↑ねこじゃらしに興奮


体重も昨日より少し増え、性別は女の子!
月齢は・・・2ヵ月?3ヵ月??と実はこの時はっきりしませんでした。
でも年が明けた2月中旬に歯が抜けたのです。

子猫の歯が抜け、生え変わる時期が大体6ヵ月前後だそうなので、
この歯が抜けたときを生後6ヵ月として、逆算すると、保護当時は2ヵ月半でした。


レボリューションを投与し、ノミ除去も成功。
お風呂の許可が出たので、やっと綺麗になります。

暴れるかと思いきや、とてもおとなしいシオン。
しかし、洗うとどんどん血液が流れるではありませんか!

えっ!?どっか怪我してる?傷ある?と思いましたが、
当のシオンは気持ち良さそうにおとなしく洗われてます。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1540971519377
  ↑洗いあがり♪



その血液の正体はノミの死骸だったのです。
首元が特にめちゃくちゃついていて、
根気よく洗い続けると血液も流れなくなり、とっても綺麗になりました。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1540976628667
  ↑セット完了♪おつかれさま


防災用に買っていた猫壱さんのポータブルケージがシオンの部屋でした。





人間が家に居ない時はこの中で過ごし、父や私が行くと開放して遊ばせてました。



ご飯はいずれ完全にカリカリにするために、
子猫用のウエットフードとカリカリを混ぜてあげていました。





これとこれ。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1541414421871
  ↑ご飯を待つ定位置

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1542600174882
  ↑待ちきれず立ち食い




遅れた分の成長を取り戻すかのようにご飯をもりもり食べて、運動して寝て、、、。

あのまま放っておかなくて良かったです。。(´Д⊂)



とある日の食事風景の動画をアップしました!







ランキング参加中です♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村








我が家のお姫さま、シオンちゃんとの出会いのお話です。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1540542224759
  ↑保護直後


2018年10月下旬。
実家の裏庭で野良猫が子育てをしている、と父から連絡がありました。
父自身も猫好きでよく観察するそうで、今までにもそのような連絡はよくあったのですが、
話を聞いていると、少しずつ状況が変わっていきました。


親猫がシオンを含む兄弟3~4匹の面倒を良く見て、子育てをしていたそう。
しかし、おっぱいの時間になると、親猫に子猫達が群がるのですが、

シオンは他の子より少し小さかったらしく、他の兄弟におっぱいを取られると
そのまま泣き寝入り状態で飲まずに終わる、というのが見受けられたそうです。

そうなると当然、体格差が出てきますよね。



ある日、親猫が塀を越えて裏庭を出て行く頻度が増えました。
すると子猫達も塀を乗り越えて、いつの間にか姿が見えなくなったそうです。


しかし数日後、
ん?どこからか子猫の鳴き声がする・・・。

そう思った父は、鳴き声を聞いて場所を特定しようと試みたそうですが、
あっち行きこっち行きしても、子猫の声が真下から聞こえてくるのです。

そのまま足音をたてながら裏庭へ行くと、
いちばん小さい子猫がひとりぼっちで鳴いていたそうです。

親猫や兄弟猫について行きたくても体が小さいせいで行けなかったのか、
見捨てられてしまったのか・・・。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1541045613032
  ↑体調を崩すことも無く、実家で元気に過ごしてくれました


事情は知る由も無いですが、わりかし警戒心も少なく、
遊ぶとだいぶお近づきになれると聞き、
私は、そのまま捕まえて保護しよう!と決意し、伝えました。


その連絡を取り合ってる最中から、実家に行く準備を始めていたので、
保護したと連絡が入るとすぐに家を出発しました。


自転車で15分程で着くとすぐに簡単な寝床を作り、
お腹が減っているだろうと思い、
月齢がはっきりしないので、ウェットフードを少しあげてみると一瞬で食べました。

もう少しあげようと思い、お皿を取ろうとすると、
みゃうみゃうみゃう!!!!と大きな声で鳴きながら
お皿を舐めまくってお皿にしがみつき、離してくれません(笑)


月齢と平均体重が明らかに合ってないのが見てわかるぐらい痩せていましたが、
元気はありそうなのでひと安心でした。

保護時の体重は、400グラムぐらいだったと思います。


このとき我が家では、
はっち をお迎えして少し慣れてきた頃、からの具合が悪くなる直前ぐらいだったので、
少しの間、実家で過ごしててもらいました。


父にエサやり、トイレの始末等の任務を任せました(笑)

不器用ながらにシオンの為に頑張ってくれました。





ランキング参加中です♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ