トライアル中ではありますが、家族となった はっち。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1539435143230
  ↑ここでくつろぐにゃ

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1540391497239
  ↑猫じゃらしに蹴り蹴り


日に日に本性を出していきました。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1539529148632
  ↑キャットタワーからエモノを狙う


エースは猫にも社交的で、はっち が動くたびに気にして跡をつけてました。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1539515025491
  ↑寝てるにゃ・・・

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1539529431122
  ↑どこにでも一緒に行くエース



オス×オス同士の相性を心配していましたが、喧嘩もしないし大丈夫そう。



迎え入れて1ヵ月を過ぎた頃、はっち が下痢をしました。


下痢止めのお薬をもらい、数日様子を見ていましたが、
エサを食べる量が少なくなっていき、しんどそうです。


もう一度病院に連れて行き、診察をしてもらうと
「腹水がたまってるみたいなので、抜いて検査してみます」と言われ、
素人ながらに、これはヤバイ病気だ・・・と嫌な予感がしました。


待っている間、少しでも安心したくて、ネットで「猫 腹水」と
検索しまくったけど、出てくるのはFIPの記事ばかり。


数件はFIP以外の病気も出てきましたが、どれも大変な病気でした。
それでも私はFIP以外の病気であってくれ・・・と願うばかりでしたが、
FIPウエット特有の症状が出ていました。



FIP(猫伝染性腹膜炎)とは、
猫自身がどこかでもらってきた猫コロナウイルスが何らかの理由で突然変異し、
強い病原性を持つ猫伝染性腹膜炎ウイルスに変化します。

猫コロナウイルスはどんな猫でも持っていることが多いと聞きましたが、
突然変異をしなければ何事もなく過ごせるそうです。
この突然変異をする原因が、今現在もはっきりとわからないらしく、
ワクチンや薬も未だにない状態です。
アメリカではFIPに対する薬が開発されて使われだしているそうだと
ネットで知りましたが、まだ確定された薬ではなさそうです。



腹水は検査に出してもらい、その日からインターフェロンの治療が始まりました。
いわゆる緩和治療です。
先生も優しい方で、検査結果が出ない以上ははっきりとFIPとは診断できないから、
諦めずに頑張りましょうと言ってくださいました。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1541994956941
  ↑水を飲みに来たけどしんどくて器にあごを置いてる


でも私の中ではFIPにショックを受け、
どん底な気持ちのまま家に帰ると、泣き崩れました。
旦那にも泣きながら伝え、保護主さんにも伝えました。





ランキング参加中です♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村